カテキンは妊娠中・授乳中で摂取できる?|カテキン研究所

カテキン研究所

カテキンの効果
安心と効果性を追求した
パウダータイプの健康緑茶!
100%オーガニック緑茶だから安心!
まるごとカテキンを摂取できる!
カテキンを摂取しやすい
サプリメントタイプ!
京都の宇治抹茶を使用!
サプリだから持運び便利
静岡産のべにふうきを100%使用!
花粉症に効果的なべにふうき
100%を使用!残留農薬検査済

サプリメント種類

  1. トップページ
  2. カテキンは妊娠中・授乳中で摂取できる?

妊娠中と授乳中について

 抗酸化作用が強く体に良いと言われているカテキン。 とはいえ妊娠中や授乳中はお子さんへの影響が気になります。 カテキン自体はお茶として1~3杯くらい飲む分には気にしなくてもよいと考えていますが、妊娠・授乳中に緑茶をたくさん飲むことにあたって、他にも少し気になることがいくつかあるので、挙げてみます。

妊娠初期はカテキンも少なめに

カテキンには、胎児の形成に不可欠なビタミンB群の水溶性ビタミンである「葉酸」の働きを阻害する作用がある と言われているようです。 特に妊娠3か月までは「二分脊椎」等を避ける単に葉酸をしっかりとる必要があることを考えると、お茶を飲む程度ならいいとして、サプリメントとしてカテキンを摂ることは避けた方がよさそうです。 つわりもありしんどい時期ですが、なるべく栄養のバランスよく摂りたいものです。

お茶に含まれるカフェインに注意

妊娠中はカフェインの摂りすぎが気になります。 カフェインは興奮物質。妊娠中は普段よりもカフェインの分解に時間がかかります。 1日に1杯のコーヒーくらいのカフェインなら大丈夫と思いますが、合わせて緑茶も飲むようならその量には注意が必要です。 なるべくカフェインの少ないお茶、玄米茶やほうじ茶がおすすめです。カテキンは入っていますしね。 コーヒーのような味がお好みなら、麦茶やたんぽぽ茶がいいでしょう。

お茶に含まれるタンニンに注意

妊娠中や授乳中に気を付けたいのが貧血です。 病院から鉄剤を処方されることも少なくないと思います。 そこで気を付けたいのがお茶に含まれるタンニンです。 タンニンはカテキンが酸化していくつもくっついたものです。 タンニンは鉄とくっつきやすい性質を持っているため、多く摂りすぎると鉄の吸収を抑えてしまい貧血がひどくなってしまう可能性があります。 ちなみに、最近の鉄剤はゆっくりと吸収されるように作られているため、お茶で鉄剤を飲んでも大きく問題になるほど吸収が妨げられることはないと思いますが、できればお茶はお茶で、お薬を飲むときはお白湯で飲んでもらえる方が安心ですね。

妊娠中のママは何かと体も心も変化がつきもの

 気になりつつも無性にコーヒーが飲みたくなったり、いつもはそんなに好きでもない梅干を食べたくなったり。 何よりも、全く食べられない人もいれば、いくらでも食べたくなる人も。 無事に出産を迎えるまで心配も多く、何かと敏感になる人も多いでしょう。 そういった場合の不安材料を一つでも減らしとこうかな?くらいの感覚で少しお茶やコーヒーを控えたり、バランスの良い食事を心がけたりしてもよいのかな、と思います。
 万が一妊娠に気づく前にたくさん摂ってしまっていたとしても、その時はあまり考え込まずゆったりと構えましょう。 いろいろ心配することがお腹のお子さんには一番よくない気がするのです。 何事も「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」ほどほどが一番です。


カテキン研究所では、カテキンに関する効果効能やカテキン商品(お茶・サプリ)をご紹介します。

サイトマップ

Copyright (C) 2014 カテキン研究所 All Rights Reserved.