高濃度茶カテキンの副作用|茶カテキンの効果効能や副作用を紹介

カテキン研究所

カテキンの効果
安心と効果性を追求した
パウダータイプの健康緑茶!
100%オーガニック緑茶だから安心!
まるごとカテキンを摂取できる!
カテキンを摂取しやすい
サプリメントタイプ!
京都の宇治抹茶を使用!
サプリだから持運び便利
静岡産のべにふうきを100%使用!
花粉症に効果的なべにふうき
100%を使用!残留農薬検査済

サプリメント種類

  1. トップページ
  2. 高濃度茶カテキンの副作用

高濃度茶カテキンの安全性について

 私たち日本人がいつも飲んでいる日本茶(緑茶)には1000年以上もの歴史があり、世界でもっとも長い歴史を持つ飲料のひとつとして知られています。 そんな日本茶(緑茶)には渋み成分としても知られる「茶カテキン」が豊富に含まれており、 抗菌作用や抗酸化作用などさまざまな効果が期待できる「健康飲料」として今、世界中で注目を集めています。 最近では特定保健用食品(特保)として各メーカーから高濃度の茶カテキンを含有した飲料やサプリメントなども販売されており、 肥満予防やダイエットなどに活用されています。高濃度の茶カテキンには今の所、日本においては副作用などの症例は報告されていないので、 安全性については「高い」と言えます。しかし、欧州各国では肝機能障害などの症例も少なからず認められている為、 高濃度茶カテキンの過剰摂取は避けた方が無難だと言えます。日本人の場合はほとんどの人が一日あたり約2杯以上の緑茶を飲んでいるという集計結果もあり、 有名な茶葉の生産地では一日に10杯以上もお茶を飲んでいるという報告もあります。 しかし、それだけ多くのお茶を飲んでいても日本では「緑茶による副作用」を発症した事例が無いため、緑茶に含まれるカテキンの安全性は証明されています。

高濃度茶カテキンの副作用とは

日本国内において、緑茶に含まれるカテキンを過剰に摂取した事で「副作用」を発症したというケースは無く、その安全性には定評があります。 ただし、欧州においては高濃度茶カテキンを配合した「サプリメント」を摂取したことによって肝機能障害を発症したというケースが認められており、 カテキンの過剰摂取による副作用の可能性が指摘されています。しかし、 高濃度茶カテキンを含む特定保健用食品の摂取によって副作用を引き起こしたというケースは未だに見られていないため、 適量を守って摂取していれば高濃度茶カテキンを含む食品に関しては安全性に問題が無い事は確認されています


カテキン研究所では、カテキンに関する効果効能やカテキン商品(お茶・サプリ)をご紹介します。

サイトマップ

Copyright (C) 2014 カテキン研究所 All Rights Reserved.