カテキンのお茶|カテキン研究所

カテキン研究所

カテキンの効果
安心と効果性を追求した
パウダータイプの健康緑茶!
100%オーガニック緑茶だから安心!
まるごとカテキンを摂取できる!
カテキンを摂取しやすい
サプリメントタイプ!
京都の宇治抹茶を使用!
サプリだから持運び便利
静岡産のべにふうきを100%使用!
花粉症に効果的なべにふうき
100%を使用!残留農薬検査済

サプリメント種類

  1. トップページ
  2. カテキンのお茶

カテキンを含むお茶の種類について

 現在、日本国内には実にさまざまな種類のお茶が存在していますが、代表的なものとしては古くから国内で飲まれている「日本茶(緑茶)」や中国で昔から飲まれている「ウーロン茶」、イギリスで愛飲される事が多い「紅茶」などが挙げられます。 これらのお茶はいずれも味や香り、含まれる成分が異なりますが、実はどれも同じ「ツバキ科」に属する品種の茶葉から作られています。

 ただ、製造の違いによって味や香り、成分が違っているだけなのです。 簡単に説明するとウーロン茶は「半分発酵させたお茶」で、紅茶は「完全に発酵させたお茶」、そして日本茶は「全く発酵させていないお茶」に分類されます。

 これらの代表的なお茶はいずれも含まれる成分はほぼ同じですが、その「含有量」についてはそれぞれ異なった特徴があります。お茶の代表的な成分として知られているのは「カテキン」ですが、このカテキンはウーロン茶と紅茶、そして緑茶のいずれにも少なからず含有されています。

 カテキンには老化を防ぐ「抗酸化作用」や病気を予防する「抗菌作用」、肥満を防止する「脂肪燃焼作用」や「血糖値抑制作用」などが認められています。 このカテキンを含むウーロン茶や紅茶、緑茶を日常的に摂取することで健康維持へと役立てる事が出来ます。

もっとも多くカテキンを含むお茶は?

 先述した三つの代表的なお茶にはいずれにもカテキンと呼ばれる、さまざまな健康効果や美容効果が得られる成分が含まれていますが、中でも「緑茶」はダントツのカテキン含有量を誇っています。そのため、カテキンの持つさまざまな効果を効率良く得たいのであれば、紅茶やウーロン茶ではなく「緑茶」を日常的に摂取するよう心掛けることが大切です。

日本茶の味わいや特徴について

 同じツバキ科の茶葉から作られているウーロン茶、紅茶、緑茶の三種ですが、それぞれ異なる味わいや香りを持つことでも知られています。

 また、含まれる成分量にも若干の違いが生じており、カテキンやカフェインなどの成分によって得られる効果にも僅かながら差異が見られます。

 しかし、さまざまな健康効果が期待できるカテキンの含有量は「緑茶」がダントツで多く、健康維持を目的に飲むのであれば緑茶がオススメです。

 また、緑茶はウーロン茶や紅茶と違って無発酵茶のため、さまざまな味わいと香りを楽しめるのも特徴となっています。お茶に含まれるテアニンやグルタミンと呼ばれるアミノ酸の一種には甘味や旨みを感じさせる性質があります。また、お茶に含まれる渋みは緑茶に含まれる「タンニン」と呼ばれる成分によるものです。


カテキン研究所では、カテキンに関する効果効能やカテキン商品(お茶・サプリ)をご紹介します。

サイトマップ

Copyright (C) 2014 カテキン研究所 All Rights Reserved.