カテキンの効果効能「糖尿病」|カテキン研究所

カテキン研究所

カテキンの効果
安心と効果性を追求した
パウダータイプの健康緑茶!
100%オーガニック緑茶だから安心!
まるごとカテキンを摂取できる!
カテキンを摂取しやすい
サプリメントタイプ!
京都の宇治抹茶を使用!
サプリだから持運び便利
静岡産のべにふうきを100%使用!
花粉症に効果的なべにふうき
100%を使用!残留農薬検査済

サプリメント種類

カテキンは糖尿病に効果があった

 糖尿病とは血液中にブドウ糖が多くありすぎる状態です。 通常は食事をすると膵臓からインスリンと言うホルモンが出てくることで、ブドウ糖は血液から細胞に取り込まれます。しかし糖尿病の人は、このインスリンが出にくかったり働きにくかったりすることで、血糖がなかなか下がらないのです。
 特に食後すぐは血糖が上がるため、1時期にたくさんのインスリンが必要になります。 これが膵臓への負担にもなってしまいます。 ここでインスリンが足りないと腸から吸収されたブドウ糖は血液中に多く残ってしまうのです。 これが食後の過血糖の原因になるわけです。

カテキンが食後の過血糖を抑える

 お茶に含まれるカテキンには、腸でのブドウ糖の吸収を緩やかにする働きがあると言われています。食事の前や食事中にカテキンを摂ることで、腸の中で食べ物と混じり腸で効果を発揮します。
 ブドウ糖の腸からの吸収を緩やかにするということは、食後に血糖が急激に上昇することを抑えられる、つまり食後の過血糖を抑えることができるという訳です。 そうすることで、出ているインスリンで十分足りるようになり、極度に膵臓を働かせてインスリンをたくさん必要としなくてもよいようになるのです。

食後の血糖値を上げすぎないためにカテキンを摂るタイミングは?

 カテキンの糖尿病に対しての効果は、もともと入ってしまっている血液中のブドウ糖=血糖を下げるを言うものではないと思われます。 それよりも、血液中に入ってくるブドウ糖を上げすぎないようにするものと考えましょう。 つまり、たくさん食べてしまったから、と言って食後にカテキンを摂っても、血糖値にはあまり影響はないでしょう。
 腸の中で食べ物と混じることで効果を発揮するからです。 ですから、食後の血糖を急激に上げないようにすると言う意味でカテキンを摂るときには食後ではなく食事前や食事中に摂ることが重要になってきますね。 しかし、体脂肪を減らすなど他の効果を考えたときは、効果的なタイミングもまた変わってきますので、それぞれにあったの味方がわかっているほうがよさそうですね。

カテキンの効果一覧


カテキン研究所では、カテキンに関する効果効能やカテキン商品(お茶・サプリ)をご紹介します。

サイトマップ

Copyright (C) 2014 カテキン研究所 All Rights Reserved.