カテキンの効果効能「虫歯」|カテキン研究所

カテキン研究所

カテキンの効果
安心と効果性を追求した
パウダータイプの健康緑茶!
100%オーガニック緑茶だから安心!
まるごとカテキンを摂取できる!
カテキンを摂取しやすい
サプリメントタイプ!
京都の宇治抹茶を使用!
サプリだから持運び便利
静岡産のべにふうきを100%使用!
花粉症に効果的なべにふうき
100%を使用!残留農薬検査済

サプリメント種類

お茶に含まれるカテキンで虫歯予防

  私たちが日常的に飲んでいる日本茶には主成分として「カテキン」と呼ばれる成分が含まれています。 このカテキンには高い抗菌作用があり、普段からお茶を飲む事によってさまざまな菌やウイルスに感染するのを防ぐ効果が期待できます。 そのため、日本茶をよく飲む人はあまり飲まない人に比べて風邪やインフルエンザに感染しにくいというデータもあります。 カテキンが持つ抗菌作用は菌やウイルスから私たちの身体を守ってくれるだけでなく、「虫歯」も効果的に予防してくれることが判明しています。 虫歯の主な原因となる「ミュータンス菌」が歯の表面に付着すると、そこでミュータンス菌が酸を発生させて歯のエナメル質を蝕んでいきます。 歯の表面のエナメル質がミュータンス菌の酸によって溶けてしまうと、そこから虫歯が広がっていき次第に蝕まれた箇所が黒く変色していきます。 しかし、お茶に含まれるカテキンにはこのミュータンス菌が増殖するのを抑える働きがあるので、日常的にお茶を飲む事によって虫歯を防ぐ事が出来るというわけです。 また、カテキンにはミュータンス菌の増殖を抑えるだけでなく、プラーク(歯垢)の形成を抑制する働きがあることも分かっています。

カテキンが細菌に利くメカニズム

日本茶(緑茶)に含まれるカテキンの含有量はウーロン茶や紅茶に比べると約2~3倍ほどあり、その高い健康効果によって今、密かに世界中でブームとなっています。 日本茶が世界で注目され始めた理由はその高い「抗菌作用」にあります。 日本茶に含まれる豊富なカテキンにはかつて日本中を震撼させた腸管出血性大腸菌「О-157」や赤痢菌、コレラ菌などの食中毒菌に対して強い抗菌作用が 認められています。また、これらの菌以外にもカテキンには胃潰瘍や胃がんの原因としても知られている「ピロリ菌」や虫歯の原因菌として知られる 「ミュータンス菌」の増殖抑制作用が明らかになっています。カテキンがさまざまな菌に対して効果を発揮するメカニズムについては諸説ありますが、 一般的にはカテキンがタンパク質に吸着しやすく細菌の細胞膜に取り付いて破壊する性質を持っているためだと考えられています。

お茶でうがいをする事で効果的に虫歯予防

お茶でうがいをする事によってインフルエンザや風邪の予防に効果的だということは周知の事実となってきていますが、 最近ではお茶でうがいすると「虫歯」を効果的に予防できる事も判明しています。これはお茶に含まれるカテキンの抗菌作用によるもので、 食後にお茶でうがいをする事によって口内で繁殖したミュータンス菌の増殖や活動を抑え、虫歯の原因となる「酸」の発生を食い止める事が出来るからです。

カテキンの効果一覧


カテキン研究所では、カテキンに関する効果効能やカテキン商品(お茶・サプリ)をご紹介します。

サイトマップ

Copyright (C) 2014 カテキン研究所 All Rights Reserved.