カテキンの副作用|カテキン研究所

カテキン研究所

カテキンの効果
安心と効果性を追求した
パウダータイプの健康緑茶!
100%オーガニック緑茶だから安心!
まるごとカテキンを摂取できる!
カテキンを摂取しやすい
サプリメントタイプ!
京都の宇治抹茶を使用!
サプリだから持運び便利
静岡産のべにふうきを100%使用!
花粉症に効果的なべにふうき
100%を使用!残留農薬検査済

サプリメント種類

  1. トップページ
  2. カテキンの副作用

お茶に含まれるカテキンの副作用とは

日本人にとっては日々の生活に欠かせない存在でもある「お茶」ですが、日本茶として知られる緑茶にはさまざまな健康効果が期待できる「カテキン」が含まれています。 カテキンは同じ茶葉から作られるウーロン茶や紅茶にも含まれていますが、緑茶のカテキン含有量はこの中でもダントツで多く、 カテキンによる健康効果を得たいのであれば緑茶を日常的に飲むのがオススメです。カテキンには高い抗菌作用があり、 日常的に飲んだりお茶でうがいする事によって赤痢菌やチフス菌、コレラ菌などの食中毒菌による病気を予防する事が出来ます。 また、カテキンの抗菌作用はウイルスにも効果を発揮するので、お茶を飲む事によって風邪やインフルエンザを予防することも出来ます。 さらにカテキンの抗菌作用は「虫歯」にも効果があるため、食後にお茶でうがいをしたり口に含むだけで虫歯の原因菌である「ミュータンス菌」 が増殖するのを防ぎ、活動を抑える効果があります。ただし、カテキンを過剰に摂取した場合は副作用の可能性も否定は出来ないので注意が必要です。 日本ではまだ症例が認められていませんが、フランスやスペインなどの欧州地域やカナダでは緑茶カテキンの過剰摂取によって「肝機能障害」の症例が報告されています。 そのため、カテキンは摂取量を増やせば良いというものではなく、程よく摂取するのが理想的な成分と言えます。

明確になっていないカテキンの副作用

カナダやフランス、スペインなどでは高濃度のカテキンを含んだ緑茶を飲んだ人が「肝臓障害」に陥ったというケースが認められていますが、 欧米に比べて緑茶を飲む機会の多い日本では未だにそのような症例は無く、カテキンの副作用については明確になっていないというのが現状です。 しかし、どのような栄養素でもバランス良く摂取する事が大切であり、摂り過ぎは不健康の元となってしまうのでカテキンについても適量摂取を心掛けることが大切です。


カテキン研究所では、カテキンに関する効果効能やカテキン商品(お茶・サプリ)をご紹介します。

サイトマップ

Copyright (C) 2014 カテキン研究所 All Rights Reserved.